猛暑を吹き飛ばす焼肉ディナー!夏に食べたい大人気の塩タンとスタミナ満点のレバー「万両(まんりょう)南森町店」大阪メトロ南森町駅

焼肉の名店で味わう塩タンとレバー!焼肉ディナーで夏バテ防止「万両(まんりょう)南森町店」

大人気の塩タンとスタミナ満点のレバーをたっぷりいただきました!大阪メトロの南森町駅から歩いて5分のところにある「万両(まんりょう)」でディナーを食べました。食にうるさい大阪っ子から高く評価される人気店の焼肉は文句なしに絶品です!

大阪を代表する焼肉の名店「万両(まんりょう)」。大阪市内に数店舗を出店する「万両」は、どの店舗も大人気で、大阪で最も予約が難しい焼肉店の代表格です。特に、今回のディナーでおじゃました「万両 南森町店」は絶大な人気を誇り、土日祝はすぐに予約でいっぱいになっちゃいます。

焼肉の名店「万両 南森町店」の外観です。大阪を代表する人気の焼肉店「万両」の本店です。

そんなわけで、土日祝の予約はあきらめて、平日に予約。ちなみに、予約の電話は2週間前にしました。スタッフさんに教えてもらったのですが、オープン直後の17時が予約を取りやすいそうです。オープン直後なら、数量限定のメニューが売り切れる心配もないので、一石二鳥です!

大人気の焼肉店「万両 南森町店」のメニューです。遅い時間にディナーを食べると、数量限定のメニューが売り切れちゃう場合があるので注意しましょう。

今回のディナーの主役は「塩タン焼き」と「焼きレバー」です。猛烈に暑い日が続くので「みんなでスタミナ満点の焼肉を食べよう!」と盛り上がり、焼肉ディナーが実現しました。スタミナ料理と言えば、焼肉を思い出してしまう単純すぎる大阪っ子で恐縮ですが、夏の夜に食べる焼肉って最高においしくないですか?

焼肉の名店「万両 南森町店」の「塩タン焼き」です。

まず運ばれてきた焼肉が「塩タン焼き」。価格は税込918円です。薄切りの塩タンは「胃袋のウォーミングアップ」にピッタリ。焼肉ファンの「まずはタンから」という気持ちが、ものすごくわかる瞬間です!

みんなでシェアして食べたい「万両 南森町店」の塩タンです。

大阪を代表する焼肉の名店「万両 南森町店」のメニューにも「とりあえずここからスタート」と書いてあるので、迷ったら、お店もおすすめする塩タンから注文すると間違いなさそうです。

人気店「万両 南森町店」は網で肉を焼くスタイルです。

焼きすぎないように注意しながら、塩タンをサッとあぶります。ちなみに「万両 南森町店」は七輪の炭火焼きです。短時間で高温に達するので、油断すると、焼きすぎて塩タンがカチカチになっちゃいます。

塩タンとライスを一緒に食べるなんて邪道でしょうか?

炭水化物が大好きな大阪っ子は「塩タンとライスを一緒に食べる!」と意気込みすぎて、ときどき引かれてしまいますが、今回は気心の知れた友人ばかりなので、遠慮せず、塩タンとライスを一緒にいただきます。うひひひひっ、めちゃめちゃおいしい!エンドレスに食べられる絶品の塩タンです。

夏バテ防止にレバーも食べておきましょう。焼肉「万両 南森町店」のレバーはとても新鮮です。

絶品の「塩タン焼き」に続いて「焼きレバー」が運ばれてきました。ビジュアルから「夏バテ知らずじゃない?」という期待感がビシバシ伝わってきます。塩タンと同じく、焼きすぎに注意しながら、丁寧に仕上げます。本日一番の集中力を発揮していることは間違いありません。

レバーは焼きすぎに注意。めちゃめちゃおいしいレバーです。

塩タンに続き、レバーも絶品!焼肉を食べるとき「タン、カルビ、ハラミ」を基本にしているのですが、地味に夏バテっぽいこともあり、本日は「レバー」も注文してみました。結果は大正解。食べただけで「元気になった気がする」と感じるレバーって、めちゃめちゃ偉大です!価格は540円でした。

大阪が誇る焼肉の名店「万両 南森町店」で味わう絶品の塩タンとスタミナ満点のレバー。身も心も元気になれる、猛暑を吹き飛ばす焼肉ディナーでした。おしまいに「万両 南森町店」はディナー営業のみです。営業時間は、平日が17時から25時、土日祝が17時から24時。定休日は月曜日です。飛び入りは難しい人気店なので、予約して出かけましょう。大阪を代表する絶品の焼肉をぜひ!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

最高峰の塩ラーメン!塩のキラメキと唐揚げ丼「JUNK STORY(ジャンクストーリー)」大阪メトロ谷町九丁目駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

自家製麺が評判の油そば!ランチ限定で無料のサラダバーがうれしい「周月(しゅうげつ)」大阪メトロ日本橋駅