ロースはステーキ!ハラミもおいしい焼肉ディナーの名店「万両(まんりょう)南森町店」大阪メトロ南森町駅

3回目の焼肉ディナーはロースとハラミ!大阪っ子から愛される人気店「万両(まんりょう)南森町店」

デフォルトのロースハラミががめちゃめちゃおいしい事実が、上質な焼肉を提供し続けている人気店の証(あかし)です!大阪メトロの南森町駅から歩いて5分のところにある「万両(まんりょう)」でディナーを食べました。

グルメ激戦区の南森町で絶大な人気を誇る「万両(まんりょう)南森町店」。大阪を代表する焼肉の名店でディナーを食べる機会は、今回が3回目です。1回目のディナーは「塩タンとレバー」、2回目のディナーは「2種類の特上カルビ」をいただきました。

3回目の焼肉ディナーとなる「万両 南森町店」のメニューです。

塩タン、レバー、カルビのすべてが文句なしにおいしかった「万両 南森町店」3回目のディナーの主役は「ロース」と「ハラミ」です。今回は「特上」や「特選」ではなく、デフォルトのロースとハラミを注文しました。

焼肉店の実力がわかる大好きなハラミを注文しました。

まず運ばれてきたメニューが「ハラミ」。価格は税込918円です。ライスと一緒に食べるハラミが大好きなので、大盛りのライスもお願いしました。大盛りのライスは税込324円です。

焼肉の名店「万両 南森町店」のハラミです。

人気の焼肉店「万両 南森町店」は、七輪の炭火焼き。ハラミを網の上に置いて、焦げないように気をつけながら、じっくりと焼きます。あ、私は「ハラミをしっかり焼く派」です。

おいしそうなハラミを網の上に並べて一気に焼きます。

ライスと一緒にハラミを食べるときは、一気に食べたいので、たくさんハラミを焼いて、準備完了。特製のタレをつけたハラミをライスの上にバウンドさせ、いただきます!

ハラミとライスの組み合わせはゴールデンコンビ。焼肉「万両 南森町店」でディナーを食べるときはぜひ試してみてください。

焼肉ファンから絶賛される「万両 南森町店」の「ハラミ」を食べた率直な感想は「デフォルトのハラミでも文句なしのおいしさ!ハラミとライスの相性がよくて、モリモリ食べられるなあ」です。ライスをたくさん食べたいみなさんは、脂身の少ないデフォルトのハラミのほうが食べやすかもしれません。炭水化物、大好きです!

ステーキのようなロースが登場。ロースはデフォルトのロースです。

続いて登場したメニューは「ロース」です。価格は税込918円。焼肉を食べるというより、ステーキを食べるという表現のほうがピッタリのロースです!

焼肉の名店「万両 南森町店」のロースはステーキのようなロースです。

まるでステーキのようなロースを網の上に置き、転がしながら表面を焼きます。肉汁をたっぷりと閉じ込めたロースの美しいビジュアルが食欲がそそります!

角切りのロースはボリューム満点。サプライズ演出のうまさは、さすが「万両 南森町店」です。

ステーキのようなロースを食べた率直な感想は「なんじゃ、こりゃ!めちゃめちゃおいしい!噛むたびに肉汁がしっかりと追走してくる王道のロースじゃない?ハラミもロースもデフォルトで十分に満足できるなあ」です。デフォルトのハラミやロースのおいしさが「万両 南森町店」のすばらしさを物語っています!

大満足のハラミとロースをリーズナブルな価格で味わえる「万両 南森町店」。全国の焼肉ファンから愛される「万両 南森町店」は、デフォルトのメニューにも一切の妥協を感じさせない焼肉の名店でした!

おしまいに「万両」はウーロン茶、日本茶、コーン茶、こぶ茶が無料です。アルコールを飲まないみなさんにうれしいサービスなので、浮いたドリンク代で、おいしい焼肉を存分に味わいましょう!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

味噌ラーメン専門店の中華ごはんセット「味噌物語 麺乃国(めんのくに)難波千日前店」大阪メトロなんば駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

ライス付き鶏天カレーうどんランチ「Ah-麺(あーめん)」JR寺田町駅