バスマティライスをランチでお得に!週末限定のビリヤニセット「フルバリ」大阪メトロなんば駅

大人気のビリヤニセットは週末限定!カレーがおいしいインド料理とネパール料理の専門店「フルバリ」

週末限定のビリヤニは、インドの高級米「バスマティライス」をたっぷりと使った、スパイシーなメニューでした!大阪メトロのなんば駅から歩いて5分のところにある「フルバリ」でランチを食べました。

大阪ミナミでジワジワと人気を高めているインド料理とネパール料理の専門店「フルバリ」。前回のランチは「カレーとナンのランチセット」を注文して、カレーとナンの絶妙なおいしさに感動した記念すべき初ランチでした!

インド料理とネパール料理の専門店「フルバリ」の外観です。大阪メトロのなんば駅、JR難波駅から歩いてアクセスできます。

2回目のランチは「週末限定のビリヤニセット」を注文。最近になって「ビリヤニって何?」と言われても何となく答えられるようになりましたが、1年前は「ビリヤニ」という言葉を知りませんでした。そんなわけで「フルバリ」のスタッフさんにいろいろと教えてもらいながらビリヤニをいただきました。

カレーがおいしい「フルバリ」のメニューです。

ビリヤニは「スパイスや肉や野菜を使った炊き込みごはん」で、インドを中心に食べられています。ちなみに、ビリヤニ、パエリア、松茸(まつたけ)ごはんが「世界三大炊き込みごはん」なんですって。はじめて「世界三大炊き込みごはん」の存在を知りました!

カレーの人気店「フルバリ」で食べる待望の「ビリヤニセット」です。

注文から15分「週末限定のビリヤニセット」が登場。ビリヤニ、チキンカレー、ライタ、ピカル、ドリンクがセットになって、価格は1150円です。ドリンクは、大好きなラッシューをお願いしました。

週末限定のビリヤニと念願のご対面です。

インド料理とネパール料理の専門店「フルバリ」のビリヤニは、インドの高級米「バスマティライス」をぜいたくに使っています。無料で大盛りにサイズアップもOK。ビリヤニは、高級米のバスマティライスを使うことが大前提です。日本米では「ビリヤニ」の定義に反してしまうんですって。

バスマティライスをぜいたくに使った「フルバリ」のビリヤニです。

インド料理とネパール料理の専門店「フルバリ」のビリヤニは、ターメリック、コリアンダー、シナモンなどのスパイスが使われています。香ばしいカシューナッツが味のアクセントになっていて、めちゃめちゃおいしいです!

大好きな「フルバリ」のビリヤニはボリュームも申し分ないです。

ビリヤニは、そのまま食べるだけじゃなくて、カレーやライタ、ピカルと一緒に食べると、味に変化が生まれて楽しいです。ビリヤニをはじめて食べたときに、ライタ(ヨーグルトのディップ)をかけることを知り「え?ヨーグルトをかけるの?」とビックリしました。でも、意外や意外、おいしいです。

カレーの名店「フルバリ」が誇るチキンカレーをビリヤニと混ぜていただきます。

食べ慣れているチキンカレーは、ビリヤニのベストパートナー。インド料理とネパール料理の専門店「フルバリ」のビリヤニも例外ではなく、ビリヤニにチキンカレーを混ぜると、めっちゃ食が進みます。カレーライスやナンと違った味わいがたまりません!

初体験のビリヤニは最高でした。さすがはカレーの名店「フルバリ」です。

週末限定で「世界三大炊き込みごはん」に数えられるビリヤニを心ゆくまで味わうことができる「フルバリ」。日本人にとって、まだまだなじみのないビリヤニの奥深さを教えてくれた大満足のランチでした!インド料理とネパール料理の専門店だからこそ味わえる週末限定のランチです。

おしまいに「フルバリ」のランチタイムは少し長めの11時から16時まで。平日、週末を問わず、12時前後は混み合うことが多いので、時間に余裕のあるみなさんは15時前後を狙って出かけましょう。本場のビリヤニを食べられるお店はまだまだ限られています。貴重な体験ができた印象に残るランチでした!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

大阪の人気おみやげ第6弾!口当たりが気持ちいいトロトロ食感のチーズタルト「PABLO(パブロ)」

オーマイ大阪 前の記事を読む

塩タンとホルモンをじっくり味わう焼肉ディナー「万両(まんりょう)天神橋店」大阪メトロ南森町駅