思い出の青春たこ焼き!王道のソースマヨと革命のねぎポン「甲賀流(こうがりゅう)本店」大阪メトロ心斎橋駅

王道のソースマヨと革命のねぎポン!大阪を代表する超人気たこ焼き店「甲賀流 本店」

王道のソースマヨと革命のねぎポン!大阪を代表する人気店のたこ焼きは「外がカリッ!中がトロッ!」の絶品たこ焼きでした!大阪メトロの心斎橋駅から歩いて5分のところにある「甲賀流(こうがりゅう)」でたこ焼きを食べました。

大阪メトロ(地下鉄)の心斎橋駅、なんば駅、四ツ橋駅から歩いてアクセスできる「甲賀流 本店」。私は御堂筋線を愛用しているので、心斎橋駅から歩いて行くことが多いのですが、四つ橋線の四ツ橋駅が「甲賀流 本店」に一番近いと思います。

たこ焼き「甲賀流 本店」はアメリカ村(アメ村)の中心にあるので、アクセスしやすく、便利です。

今回は、おやつじゃなくて、ランチ!そんなわけで、2種類のたこ焼きを注文しました。まずは、甲賀流の代名詞とも言える「ソースマヨ」です。

たこ焼き「甲賀流」と言えば「ソースマヨ」が定番。迷ったら、まずは「ソースマヨ」がおすすめです。

外はカリッと、中はトロッと、これぞ「本場のたこ焼き」です。大阪のたこ焼きは、時間が経つと、外のカリカリ感がなくなっちゃうので、できたてを「ハフハフ」言いながら食べましょう!続いて「ねぎポン」です。

たこ焼き「甲賀流」に革命を起こした「ねぎポン」。さっぱりした、たこ焼きが登場したときの衝撃は今でも忘れることができません。

ネギのシャキシャキ感とポン酢のサッパリ感がクセになる味わいです。若い頃、よくアメ村(アメリカ村)で遊んでいたのですが、当時は「ねぎポン」がありませんでした。はじめて食べたときは「(いい意味で)なんじゃ、こりゃ!」と感動したことを覚えています。

2種類の「古き良きたこ焼き」と「革命的なたこ焼き」を手頃な価格で味わうことができる「甲賀流 本店」。アメ村の三角公園でよく食べた青春のたこ焼きは、立ち止まることなく、進化を続けていました!たこ焼きの価格は、ソースマヨが400円、ねぎポンが500円です。

オーマイ大阪 次の記事へ進む

九州の味が集結!ホテルで味わう九州フェア食べ放題ランチ「ホテル日航大阪 セリーナ」大阪メトロ心斎橋駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

自家製麺のつけ麺とトッピングの味玉は名コンビ「つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店」大阪メトロなんば駅