自家製麺のつけ麺とトッピングの味玉は名コンビ「つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店」大阪メトロなんば駅

自家製麺のつけ麺「つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店」味玉トッピング

自家製麺のつけ麺とトッピングの味玉は、予想以上の名コンビです!大阪メトロのなんば駅から歩いて5分のところにある「やすべえ」へランチを食べに行きました。

東京発祥の「やすべえ」は、東京23区を中心に、根強いファンを持つ人気のつけ麺店。つけ麺だけでなく、ラーメンを味わうこともできます。2013年8月現在、東京23区以外の店舗は、大阪の「つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店」だけです。

大阪に「つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店」が登場しました。関西初出店、大阪初出店です。

今回は「やすべえ」の代名詞である、つけ麺をオーダーしました。価格は780円。100円の味玉をトッピングして、合計880円です。なお「やすべえ 道頓堀店」は、ライスが無料なので、一緒に注文しました。

記念すべき「やすべえ 道頓堀店」の初ランチは、つけ麺と味玉を注文しました。

自慢の自家製麺は、並盛り(220グラム)、中盛り(330グラム)、大盛り(440グラム)からチョイス。並盛り、中盛り、大盛りは無料です。プラス100円で特盛り(550グラム)をオーダーすることもできちゃいます。

つけ麺「やすべえ」の自慢は、何と言ってもモチモチの自家製麺です。

トロトロの味玉に、つけ汁がしみこんで、いい感じ。トッピングの味玉は「半分はつけ麺と一緒に、半分はライスと一緒に」という楽しみ方もできます。

つけ麺「やすべえ」の初ランチで味玉をトッピングしました。

太めの自家製麺は、食べごたえ十分!めちゃめちゃモチモチしていて、コシが強いです。「やすべえ」では、数種類の小麦をブレンドして、独特のモチモチした食感を演出しているそうです。

つけ麺「やすべえ」の自家製麺は食べごたえ十分。つけ麺もラーメンも麺が命です!

つけ汁の底に、チャーシューの角切りが隠れています。チェーシューの角切りも味玉も「やすべえ」の自家製麺とめっちゃよく合います。大盛りにすると、食べごたえがハンパないです!

つけ麺「やすべえ」のつけ汁は甘みが強く、めちゃめちゃユニークなつけ麺、つけ汁です。

「やすべえ」のつけ麺を食べて驚いたことは、麺のうまさだけではありません。他店のつけ汁に比べて「やすべえ」のつけ汁は甘みが強いんです。野菜の甘さがにじみ出ている、めっちゃ個性的なつけ麺です。

つけ麺の楽しみを再認識させてくれる「つけ麺屋 やすべえ」。道頓堀店は、グリコの巨大看板でおなじみの戎橋(えびすばし)から近く、交通アクセスもよいので、大阪人の皆さんだけでなく、観光客の皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?

オーマイ大阪 次の記事へ進む

思い出の青春たこ焼き!王道のソースマヨと革命のねぎポン「甲賀流(こうがりゅう)本店」大阪メトロ心斎橋駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

タコスもナチョも味わえる本格メキシコ料理店の人気ランチ「エルパンチョ」大阪メトロ天王寺駅