ランチで味わう名物のシュウマイ「一芳亭(いっぽうてい)」大阪メトロなんば駅

著名人から愛される絶品のシュウマイとエビ天!ランチタイムは行列ができる「一芳亭(いっぽうてい)」

大阪が誇る名物のシュウマイがセットになった定食は唯一無二のおいしさでした!大阪メトロのなんば駅から歩いて5分のところにある「一芳亭(いっぽうてい)」でランチを食べました。

薄焼き卵で作られた黄色い皮のシュウマイがめちゃめちゃ有名な「一芳亭」。1933年に創業した歴史ある大阪の名店です。大阪っ子で「一芳亭」のシュウマイを知らない人はいないくらい有名なシュウマイです。

大阪の名店「一芳亭(いっぽうてい)」の外観です。

過去に何度かランチを食べたことがある「一芳亭」ですが、実は「オーマイ大阪」をはじめてから一度もランチを食べていないことに気づき「ランチは一芳亭に行って、シュウマイを食べよう!」と頭が完全にシュウマイモードになってしまいました。

大阪っ子から愛される「一芳亭」のメニューです。

ブログをはじめて記念すべき初ランチは、名物のシュウマイとエビ天が入った「えび天定食」をお願いしました。

一番好きな「一芳亭」の「えび天定食」です。

注文から10分、大好物の「えび天定食」が登場。シュウマイ、エビ天、ライス、サラダ、汁もの、漬けものがセットになって、900円です。ライスは無料で大盛りにすることができます。

大阪っ子の誰もが知っている「一芳亭」の名物シュウマイです。

80年以上の歴史を誇る「一芳亭」のシュウマイは、薄焼き卵を使った黄色い皮が特徴です。

フワフワのシュウマイは「一芳亭」でしか味わえません。

もちろん「一芳亭」のシュウマイは、ビジュアルが独創的なだけではありません!

黄色い皮が特徴のシュウマイは一度食べたらクセになります。

食べてみると、口の中いっぱいに、豚肉、エビ、タマネギのジューシーな風味が広がります!

シュウマイは味も食感も最高です。

フワフワな食感も「一芳亭」のシュウマイだからこそ。ジューシーな味わいとフワフワな食感に「一芳亭」の歴史を感じます。

大人気の「一芳亭」のシュウマイはライスと相性抜群です。

シュウマイだけじゃなく、プリプリのエビ天も絶品です!

シュウマイと同じくらいエビ天も大好きです。

エビのうま味が広がり、食べ出すと、止まらなくなってしまうエビ天です。

揚げたてのエビ天はぜいたくなごちそうです。

エビ天の衣(ころも)に味がついているので、まずは、そのまま食べて、続いて、秘伝のタレと一緒に食べることをおすすめします。

老舗「一芳亭」の歴史が詰まった秘伝のタレと一緒にエビ天をいただきます。

シュウマイもエビ天もライスとめちゃめちゃよく合うので、ライスはいつも大盛りを頼んじゃいます。

たくさん食べたいみなさんはライスの大盛りを注文して、シュウマイやエビ天を心ゆくまで味わいましょう。

ちなみに、名店「一芳亭」が誇るシュウマイは、どの定食を注文してもセットになっています。今回のランチは「えび天定食」を注文しましたが、シュウマイがセットになった「肉だんご定食」も「春巻定食」も大好きです!

プリプリのエビがしっかりと入っている「一芳亭」のエビ天です。

食通で有名な作家の池波正太郎さんが「マネできない味」と絶賛した「一芳亭」が誇る名物のシュウマイ。大阪でランチを食べるなら、一度は食べておきたい、味も食感も最高のシュウマイです!

おしまいに、今回のランチで訪れた「一芳亭 本店」は、11時30分から20時までの通し営業です。時間に余裕のあるみなさんは、ランチやディナーのピークタイムを外すと、並ばずに入店しやすいので、おすすめです。次回は「肉だんご定食」を食べたいなあ。

オーマイ大阪 次の記事へ進む

22日は魂心家の日!ラーメンがワンコイン500円「魂心家(こんしんや)大阪なんば店」大阪メトロなんば駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

男のまぜ麺はボリューム満点ランチ「麺屋わっしょい」JR寺田町駅