ランチで味わう話題のローストビーフ丼「キャメルダイナー」大阪メトロ心斎橋駅

大満足のランチ!細かく選べるサイズがうれしいローストビーフ丼「キャメルダイナー」

ローストビーフがたっぷりとトッピングされた話題のローストビーフ丼は、ボリューム満点で、大満足のランチでした!大阪メトロの心斎橋駅から歩いて5分のところにある「キャメルダイナー」でランチを食べました。

爆発的に広まり、一気に市民権を獲得したローストビーフ。アメ村(アメリカ村)でおいしいローストビーフ丼を味わえると話題の「キャメルダイナー」へはじめて行ってみました。大阪メトロ(地下鉄)の心斎橋駅、なんば駅、四ツ橋駅のどの駅からも歩いて行くことができます。

話題の「キャメルダイナー」の外観です。

初のランチとなる「キャメルダイナー」は、ローストビーフを愛する友人から教えてもらったお店です。今まで、ローストビーフを食べる機会があまりなくて、大好きな焼肉ばっかり食べてきたのですが、友人が「ローストビーフもおいしいよ。絶対に食べたほういい」とプッシュするので、アメ村へローストビーフ丼を食べにやって来ました。

ローストビーフの人気店「キャメルダイナー」のメニューです。

初ランチの「キャメルダイナー」はメニューがめっちゃシンプル。でも、メニューをできるだけシンプルに掲載しているお店のほうが、はじめての食事でも迷わないので、好きです。ちなみに「キャメルダイナー」は、ローストビーフ丼のサイズを5段階で選べます。特に「女子盛り」と「1.5倍盛り」が個性的です。細やかなサービスに拍手!

人気店「キャメルダイナー」が誇る「ローストビーフ丼」です。

そんなわけで「キャメルダイナー」の初ランチは「1.5倍盛りローストビーフ丼」を注文。ローストビーフのボリュームもライスのボリュームもちょうど食べたい量で、迷わず「1.5倍盛りローストビーフ丼」を選びました。

ローストビーフ丼のタレは絶品濃厚だれをチョイスしました。

ローストビーフ丼のタレは3種類。しょうゆベースの「絶品濃厚だれ」、黒こしょうがアクセントになっている塩だれベースの「スパイスだれ」、ポン酢とワサビがベースの「京風わさびポン酢だれ」です。お店のイチオシということで「絶品濃厚だれ」をお願いしました。

男性から人気の「1.5倍盛りのローストビーフ丼」。ローストビーフをしっかりと味わえます。

注文から10分、ローストビーフがたっぷりとトッピングされた「1.5倍盛りローストビーフ丼」が登場。たっぷりのローストビーフが表面を覆っていて、ライスが全く見えません。ローストビーフ丼に限らず、焼肉丼や海鮮丼も具がたっぷりとトッピングされた丼が最高です。

ローストビーフがたっぷりとトッピングされているので、最後まで、ローストビーフを楽しめます。

まずは、黄身をつけずに、ローストビーフとライスだけでいただきます。話題のローストビーフ専門店「キャメルダイナー」のローストビーフ丼を食べた率直な感想は「牛肉のうま味が詰まっていて、おいしい。なんだかんだ言って、醤油は牛肉のうま味を引き出す調味料だなあ。濃厚って名前に入っているけど、くどくないタレじゃない?」です。

ローストビーフ丼はタレがおいしかったです。

続いて、ローストビーフに黄身をつけていただきます。率直な感想は「お!あっさりしたローストビーフ丼が、ほどよい感じで濃厚になったなあ。シンプルなローストビーフ丼は、タレを濃厚にしすぎちゃうと、ローストビーフが本来持つ、うま味が消えちゃうんで、タレは少なめにして、黄身をつけて食べるほうがおいしいんじゃないかな?」です。

友人に連れられ、アメ村の中心でたっぷりと味わったボリューム満点のローストビーフ丼。ローストビーフ専門店「キャメルダイナー」の記念すべき初ランチは「メニューを絞って、サイズを細かく選べるサービスはナイス。1.5倍盛りのローストビーフ丼で1080円はスコパも悪くないんじゃないかな?」と感じた納得のランチでした!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

ライス付き鶏天カレーうどんランチ「Ah-麺(あーめん)」JR寺田町駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

ユニークな焼きたてシュークリーム「クロッカンシュー ザクザク ルクア大阪店」大阪メトロ梅田駅