ライス付き鶏天カレーうどんランチ「Ah-麺(あーめん)」JR寺田町駅

シメのライス付き!大きな唐揚げがゴロゴロ入った鶏天カレーうどん「Ah-麺(あーめん)」

大きな鶏天が3個も入ったカレーうどんは、モチモチで、ボリューム満点の絶品うどんでした!JR寺田町駅から歩いて5分のところにある「Ah-麺(あーめん)」でランチを食べました。

大阪を代表するランチ激戦区のJR寺田町駅。ラーメンやうどんの麺類をはじめ、たくさんの人気店が集まるJR寺田町駅の周辺で、絶大な人気を誇る、うどんの専門店が「Ah-麺(あーめん)」です。うどん好きの大阪人なら、一度は名前を聞いたことがある名店です。

うどん専門店「Ah-麺(あーめん)」の外観です。

JR寺田町駅の周辺でランチを食べる機会は多いのですが、うどん専門店「Ah-麺(あーめん)」でランチを食べる機会は今回がはじめて。平日の少し遅めのランチタイムに出かけたので、スムーズに入店することができました。ランチタイムは11時30分から15時です。

うどん専門店「Ah-麺(あーめん)」のメニューです。

うどん専門店「Ah-麺(あーめん)」は、メニューがめっちゃ豊富。一緒にランチを食べに行った、うどん好きの友人から「Ah-麺(あーめん)でうどんを食べるなら、シンプルにダシで食べるか、ぶっかけで食べるか、反対に振りきってカレーうどんを食べるかだね」と教えてもらったのですが、案の定、悩んでしまいました。

鶏天カレーうどんが有名な「Ah-麺(あーめん)」。カレーうどんって、ときどき無性に食べたくなります。

うーん、どれにしようかな?1分くらい悩んだ末に、記念すべき初ランチは「鶏天カレーうどん」に決定。鶏天カレーうどんを注文すると、小さなライスが無料で付いてくるので、シメにライスを投入して、カレーライスを味わえます。価格は934円です。

鶏の唐揚げが大きい「Ah-麺(あーめん)」の鶏天カレーうどんです。

うどんの麺の量は、小盛(300グラム、50円引き)普通(400グラム)中盛(500グラム)大盛(800グラム、154円プラス)から選べます。少し遅めのランチということもあって、おなかがめっちゃ減っていたので、うどんの麺の量は500グラムの中盛でお願いしました。

カレーうどんのルーがこぼれそう。うどん専門店「Ah-麺(あーめん)」の心意気を感じます。

注文から20分、記念すべき「Ah-麺(あーめん)」初ランチの「鶏天カレーうどん」が登場。大きな鶏天が3個もトッピングされたカレーうどんは、すさまじいボリュームで、一瞬「あら?やってもうたかも。予想以上のボリュームだなあ」と完食できるか、不安になってしまいました。鶏天がめっちゃ大きい!

食べる前から、うどんのモチモチ感が伝わってきます。

ルーは器のギリギリまで注がれ、めっちゃ大きな鶏天とネギがトッピングされたカレーうどん。うどんがほとんど見えない状態で運ばれてきたので、そっと、こぼさないように、うどんを持ち上げ、一気に口へ運びます。おおお、モチモチで、めっちゃおいしい!めちゃめちゃ食べやすいマイルドな辛さのカレーうどんです。

カレーうどんのシメにライスを投入。うどん専門店「Ah-麺(あーめん)」の鶏天カレーうどんを余すところなく味わいます。

うどんもルーも予想以上においしくて、一気にカレーうどんを完食。食べる前は「あららららっ、食べきれるかな?」と心配しちゃいましたが、めっちゃおいしくて、気がついたら、完食していました。残しておいた鶏天とルーをライスにかけて、カレーライスの完成。カレーライスもめっちゃマイルドで、ものすごくおいしいです!

迷った末にカレーうどんを選び「実は大正解だったんじゃないかな?」と感動してしまった、うどん専門店「Ah-麺(あーめん)」の記念すべき初ランチ。カレーうどんは、マイルドな王道のカレーうどんで、老若男女を問わず、みんなに愛されそうな食べやすいカレーうどんです。大満足の初ランチでした!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

ロースはステーキ!ハラミもおいしい焼肉ディナーの名店「万両(まんりょう)南森町店」大阪メトロ南森町駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

ランチで味わう話題のローストビーフ丼「キャメルダイナー」大阪メトロ心斎橋駅