串カツだけじゃない!どて焼きが絶品の串カツ御三家「てんぐ」大阪メトロ動物園前駅

どて焼きも絶品!青春時代によく通った串カツ御三家の名店「てんぐ」

青春時代によく通った「てんぐ」のどて焼きは、今も変わらず、おいしかったです!大阪メトロの動物園前駅から歩いて5分のところにある「てんぐ」でランチを食べました。

大阪メトロ(地下鉄)の動物園前駅1番出口を出て、北へ進んだところにある「ジャンジャン横丁」。大好きな「てんぐ」は、新世界で半世紀以上も営業を続けている串揚げの名店です。ちなみに「てんぐ」の隣に、同じく串揚げの人気店「八重勝」があります。気軽に「ハシゴ」できちゃいます。

串カツ「てんぐ」は串揚げのメニューが豊富です。

青春時代「てんぐ」や「八重勝」に通い、安くて、おいしい串カツの「とりこ」になってしまいました。串カツのホームグラウンドが新世界で、青春時代によく通った「てんぐ」「八重勝」「だるま」を個人的に「串カツの御三家」と呼んでいます。

串カツ「てんぐ」のどて焼きを注文して串揚げランチのスタートです。

御三家のひとつ「てんぐ」で大好きなメニューが「どて焼き」です。牛スジ肉を味噌でトロトロに煮込んだ、どて焼きは1本100円。めっちゃ安い!

串カツ「てんぐ」のどて焼きは甘くて食べやすいどて焼きです。

串カツ「てんぐ」へ行くと、まずは、どて焼きからスタートします。白味噌ベースのどて焼きを食べると「てんぐに来たなあ」と実感。甘い白味噌をまとったトロトロのどて焼きは、いつ食べてもめっちゃおいしいです!

人気店「てんぐ」のどて焼きの次は名物の串カツを注文します。

続いて、名物の「串かつ」を注文。名店「てんぐ」の串カツは、1本100円から注文できます。隣の「八重勝」は3本300円からの注文なので、少しずつ食べたい、ちょっと串カツを追加したい場合「てんぐ」のシステムはありがたいです。

大好きな「てんぐ」の串カツは揚げたてアツアツです。

続いて「アスパラフライ」を注文。アスパラガスの串揚げは、1本200円です。

串カツ「てんぐ」に行くと野菜と肉のバランスを考えてアスパラガスの串揚げを注文することが多いです。

名店「てんぐ」へ行ったら、どて焼き、串カツからはじめて、次は、野菜の串揚げを注文することが多いのですが、アスパラガスの串揚げは食べやすくて、口直しにピッタリ。揚げたてのアスパラガスは、めっちゃおいしいです。

アスパラガスの串揚げに「てんぐ」が誇る自慢のソースをしっかりとつけていただきます。

タマネギ、レンコン、貝柱、追加の串カツを頼み、ラストは「玉子フライ」を注文。タマゴの串揚げは、1本100円です。

串カツ「てんぐ」のタマゴの串揚げは超絶アツアツなのでヤケドに注意しましょう。

ハフハフしながら食べるタマゴの串揚げはたまりません。揚げたてのタマゴの串揚げは、めっちゃ熱いので、いつも「二度漬け禁止のソース」にたっぷりと漬けて、温度を下げて食べています。そうです、私はめっちゃ「ネコ舌」です。

人気店「てんぐ」の串揚げを食べると懐かしい気持ちでいっぱいになります。

青春時代に串揚げ、どて焼きのおいしさを教えてくれた名店「てんぐ」。久しぶりのランチで味わった「串カツ御三家」の名物は、古き良き時代を思い起こさせてくれる、絶品の串揚げでした!串カツ、どて焼きを食べると、めっちゃホッとできて、うれしいです。

おしまいに、私は、大阪メトロの動物園前駅を使って「てんぐ」へ行きましたが、JRの新今宮駅からも歩いてすぐにアクセスできます。休日のランチタイムやディナータイムは高確率で並ぶので「てんぐ」へ行くなら、平日の14時から16時が狙い目です。大阪を代表する、どて焼きと串カツをぜひ!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

老舗で味わうハンバーグとトンカツのミニセット!難波の洋食店「重亭(じゅうてい)」大阪メトロなんば駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

軟骨チャーシュー付きラーメンと絶品チャーハンのランチセット「麺や 七(なな)」阪急茨木市駅