取材拒否の名店!民家で味わう名物お好み焼き「脇坂(わきさか)」大阪メトロ南巽駅(みなみたつみえき)

取材拒否を貫くお好み焼きの隠れた名店「脇坂(わきさか)」

アツアツの鉄板で食べる、焼きたてのお好み焼きは、懐かしさが感じられる絶品のお好み焼きでした!大阪メトロの南巽駅(みなみたつみえき)から歩いて10分のところにある「脇坂(わきさか)」でランチを食べました。

住宅地にある民家の1階で営業している「脇坂(わきさか)」。知る人ぞ知る、お好み焼きの隠れた名店です。

地元のファンに愛されるお好み焼きの名店「脇坂(わきさか)」の外観です。

知り合いの営業マンに教えてもらい、一緒に「脇坂(わきさか)」へ行ったのですが、たぶん、ひとりで行ったら、迷子になったはず。看板がないので、一見すると、普通の民家です。

お好み焼き「脇坂(わきさか)」へ行くときは事前に場所を把握しましょう。

お好み焼き「脇坂(わきさか)」と言えば「取材拒否」で一躍有名になりました。家族で営業していて、1日に焼けるお好み焼きに限りがあるので、取材拒否という形を取っているそうです。

お好み焼き「脇坂(わきさか)」の麺はパリパリです。

逆に言うと「常連さんを大切にしている、地域密着型のお好み焼き店」と言えます。実際、お好み焼きを食べに来たり、買いに来たりしているお客さんは、地元の人が多かったです。ランチタイムは、すさまじい回転率でした!

人気店「脇坂(わきさか)」のお好み焼きは、広島風お好み焼きに似ている、おいしいお好み焼きです。

今回のランチで注文したメニューは「ミックスモダン焼き」。お好み焼きの焼き方や出来上がりを考えると、広島風のお好み焼きに似ています。広島風のお好み焼きと比較して、キャベツの量は少なめです。

お好み焼き「脇坂(わきさか)」のおいしい食べ方。お好み焼きに少し一味(いちみ)をかけて食べるとおいしいです。

実際に「脇坂(わきさか)」のお好み焼きを食べてみた率直な感想は「うわっ、おいしい!お好み焼きの生地がしっとり、そばがパリパリ、めっちゃ食べやすいお好み焼きだなあ」です。

人気店「脇坂(わきさか)」のお好み焼きはコテでいただきます。

お好み焼き「脇坂(わきさか)」はテイクアウトすることもできるのですが、アツアツの鉄板の上に並べられた、お好み焼きをコテを使って「フーフー」言いながら食べるほうが圧倒的においしいはずです。テイクアウトすると、生地のしっとり感やタマゴのトロトロ感が消えちゃいますもん。

民家の1階で営業を続け、お客さんを笑顔にしている、お好み焼きの名店「脇坂(わきさか)」。実際に足を運び、お好み焼きを焼いている姿を見ると「取材拒否する理由がよくわかるなあ」と納得できるはずです。一度は味わいたい、お好み焼きです!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

とろ~り流れる半熟の目玉焼き!お好み焼き名店の焼きそばランチ「ゆかり 曽根崎本店(そねざきほんてん)」大阪メトロ梅田駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

ランチで味わうボリューム満点の鶏天ぶっかけうどん「釜たけ流 うめだ製麺所」大阪メトロ梅田駅