初ランチは野菜ちょいマシ!650円で味わう裏なんばの人気ラーメン「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」大阪メトロなんば駅

裏なんばの人気店!初ランチのラーメンは野菜ちょいマシ「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」

野菜がたっぷりと入った二郎系のラーメンは、自家製麺のコシと大きなチャーシューが忘れられない印象的なラーメンでした!大阪メトロのなんば駅から歩いて5分のところにある「ドカ盛マッチョ」でランチを食べました。

男性ファンを中心にジワジワと人気を高めている「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」。いわゆる「二郎系ラーメン」を手頃な価格で味わえる人気のラーメン店です。

裏なんばにある「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」の外観です。

ラーメン「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」は、人気の飲食店が立ち並ぶ、注目のグルメエリア「裏なんば」にあります。難波や日本橋を生活圏にしているみなさんは問題なく「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」へたどり着けると思うのですが、少しわかりにくい小道にあるので、裏なんばに不慣れなみなさんは事前に場所を確認することをおすすめします。

豪快な盛り付けが人気の「ドカ盛マッチョ」。野菜ちょいマシのラーメンでもボリュームはすごいです。

今回のランチで注文したメニューは「ラーメン野菜ちょいマシ」。人気店「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」で食べるはじめてのランチなので、つけ麺、まぜそばではなく、定番のラーメンをお願いしました。価格は税込650円です。

大阪の平均ランチ価格からすると、お得感を感じる「ドカ盛マッチョ」の二郎系ラーメンです。

ラーメンの並サイズを注文すると、麺のボリュームは100グラムから315グラムまで好きな量を選ぶことができます。ちなみに「ドカ盛マッチョ」では、ラーメンの並の麺のボリュームが100グラムから315グラムまで、大盛りの麺のボリュームが350グラムから500グラムまで、自由に選べます。選択肢を与えてくれるので、めっちゃ食べやすいです。

二郎系ラーメン「ドカ盛マッチョ」の野菜はキャベツとモヤシです。

トッピングのデフォルトは、チャーシュー3個、キャベツ、モヤシ、ニンニク。無料で「野菜(キャベツとモヤシ)、ニンニク、背脂、魚粉」のボリュームを変えることができます。トッピングのボリュームをどうするか、入店前に決めていたので、迷わず「野菜ちょいマシ」でお願いしました。仕事中のみなさんは「ニンニクなし」を選ぶこともできます。

人気店「ドカ盛マッチョ」チャーシューはゴロゴロ系で食べごたえがあります。

ラーメンは「醤油系」「豚骨系」のお店で食べることが多いので、あまり「二郎系」のお店へ行く機会がないのですが、実際に「ドカ盛マッチョ」でラーメンを食べてみて「二郎系のラーメンは、ボリュームがあって、野菜も入っていて、男性ファンが多い理由がよくわかるなあ。しかも、予想よりはるかにおいしい!」と納得してしまいました。

ラーメン「ドカ盛マッチョ」の麺は自家製のゴシゴシ系。腹持ちがすごくいい極太麺です。

特に、ラーメン「ドカ盛マッチョ」は、ゴシゴシ系の自家製麺とゴロゴロ系のチャーシューがめっちゃおいしいです!ラーメンに入っている自家製麺は、平打ちの太麺で、コシの強さがハンパないです。いわゆる「天地返し(野菜と麺の位置をひっくり返すこと)」をせず、野菜から食べても、自家製麺がダメダメになる心配は無用ではないでしょうか?

味もコスパもすばらしい「ドカ盛マッチョ 」。裏なんばという立地を考えると、破格のコスパではないでしょうか?

さらに、ゴロゴロと塊で入っている赤身のチャーシューが最高です!もちろん、チャーシューの好みは千差万別で、トロトロ系のチャーシューが好きなラーメンファンは「うーん」となってしまうかもしれません。でも、赤身のチャーシューが好きなファンにとって「ドカ盛マッチョ」のチャーシューは「完成形」と言っても過言じゃないレベルです。

ゴシゴシ系の自家製麺、ゴロゴロ系のチャーシュー、ボリュームを調整できるトッピングが楽しすぎるラーメン「ドカ盛マッチョ 難波千日前店」。記念すべき初ランチは「このクオリティで650円はすごい!」と絶賛してしまう大満足のランチでした!次回のランチは「カレーラーメン」を食べてみたいなあ。

オーマイ大阪 次の記事へ進む

3種類のお好み焼きを選ぼう!ミニサイズの選べるお好み焼きランチ「味乃家(あじのや)」大阪メトロなんば駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

カルビは赤身と脂身が創り出す芸術模様!焼肉の超人気店で味わう特上カルビ「たきもと」JR堺市駅