セルフサービスのあいがけカレー!好きなだけルーをかけられる日本橋で話題のカレー食堂「マッハ」大阪メトロなんば駅

セルフサービスのカレー食堂で味わうボリューム満点あいがけカレー「マッハ」

日替わりのカレーをセルフサービスで楽しむことができる隠れ家で、ボリューム満点のあいがけカレーを味わってきました!大阪メトロのなんば駅から歩いて5分のところにある「マッハ」でランチを食べました。

日本橋の裏路地にあるカレー食堂「マッハ」。ルーをセルフサービスで好きなだけかけることができる人気のカレーショップです。カレーのルーのセルフサービスは初体験。めっちゃ楽しみにしていました!

カレー食堂「マッハ」の外観です。日本橋の大通りから少し入ったところにあります。

カレー食堂「マッハ」の注文の流れはシンプル。まずは、ライスの量を大盛り(900円)、中盛り(600円)、小盛り(400円)から選び、好きなだけカレーのルーをかけます。

カレー食堂「マッハ」の2種類のカレー。ランチに行った日はアサリとレンコンのカレーとキーマカレーでした。

カレーは2種類あるので、あいがけもOK。カレーにルーを好きなだけかけたら、最後に、トッピングを選び、支払いを済ませます。トッピングはフライ(揚げもの)が中心。キャベツは無料で食べることができます。

カレー食堂「マッハ」のアサリとレンコンのカレーです。

記念すべき初ランチは「ライスの中盛り」を選択。カレーは「アサリとレンコンのカレー」と「オリジナルのキーマカレー」だったので、迷わず、あいがけにしてみました。皿からこぼれそうなくらいルーをかけちゃいました!

フライドオニオンは無料の卓上サービス。カレー食堂「マッハ」はサイドメニューが充実しています。

卓上サービスのフライドオニオンと福神漬けをトッピングして、まずは「アサリとレンコンのカレー」からいただきます。アサリのうま味がにじみ出た食べやすいカレーです。レンコンとフライドオニオンの食感がアクセントになって、おいしいです!

カレー食堂「マッハ」が誇るオリジナルのキーマカレーです。

続いて「オリジナルのキーマカレー」をいただきます。辛すぎないスパイシーなキーマカレーです。辛いカレーが苦手なのですが、カレー食堂「マッハ」のカレーは辛すぎなので、ものすごく食べやすいです!

カレーのセルフサービスという新しいジャンルに挑戦する「マッハ」。長く続いてほしいユニークなカレー食堂です。

カレー食堂「マッハ」のルーは、いわゆる「シャバシャバ系」です。ライスによく染み込むので、ルーをライスになじませてから食べると、よりおいしさを感じることができると思います。

めずらしいセルフサービスで、オリジナルのカレーを思いきり楽しむことができる日本橋のカレー食堂「マッハ」。11時から20時30分までの通し営業なので、ランチにディナーに立ち寄りやすいカレーショップです。カレーは定期的に変わるので、いろいろな味を楽しむことができます!

オーマイ大阪 次の記事へ進む

自家製麺が評判の油そば!ランチ限定で無料のサラダバーがうれしい「周月(しゅうげつ)」大阪メトロ日本橋駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

大盛り無料!ライス無料!つけ麺ライスセット「つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店」大阪メトロなんば駅