大阪の堺市で話題の焼肉店は味もボリュームも大満足!ディナーで味わう絶品の塩タン「たきもと」JR堺市駅

分厚い塩タンは食べごたえ十分!大阪の堺市が誇る焼肉の名店「たきもと」

5年ぶりのディナーもおいしい焼肉は健在でした!JR堺市駅から歩いて10分のところにある「たきもと」でディナーを食べました。行列を避けるため、電話で予約して出かけるほうがベターです!

大阪を代表する焼肉の名店「たきもと」。友人に誘われて「たきもと」で焼肉を食べることになり「はじめて行った日はいつだったかな?」と思い出してみると、5年の月日が流れていました。久しぶりの「たきもと」で食べる焼肉にめちゃめちゃテンションが上がります。お店の外観がものすごくキレイになっています!

堺市で人気の焼肉「たきもと」。大阪を代表する焼肉の人気店です。

大阪っ子から愛される焼肉の「たきもと」は、オープン前から行列ができる超人気店です。平日だけ予約できるので、迷わず予約して出かけました。予約なしで出かけると、1時間以上、行列に並ぶこともめずらしくない人気店なので、予約することをおすすめします。ちなみに「たきもと」はディナー営業のみです。

大阪っ子から絶大な人気を誇る焼肉「たきもと」のメニューです。

5年ぶりのディナーは「塩タン」「ミノ」「てっちゃん」「カルビ」「ハラミ」などなど、一度じゃ紹介できないくらい、たくさん注文しました。そんなわけで、めっちゃおいしかったメニューを数回に分けてご紹介します。

焼肉「たきもと」の「塩タン」。厚めにカットされたタンは「たきもと」のオリジナルです。

今回の主役は「塩タン」。焼肉「たきもと」は精肉店を営んでいて、何を食べてもおいしいのですが、はじめて食べたときに、特に驚いたメニューが「塩タン」です。

肉の厚みにこだわる「たきもと」。精肉店だからこそ焼肉をおいしく食べさせるこだわりがすごいです。

何に驚いたかと言いますと「塩タンの厚み」です。私は「タンと言えば、薄切りのタン」をイメージしてしまう、イマジネーションの貧弱な大阪っ子で、はじめて目の前に「たきもと」の「塩タン」が登場したときは「なんじゃ、こりゃ!タンなの?」と分厚いタンに驚いてしまいました。

網で焼く「塩タン」は香ばしくて、最高においしいです。

サッとあぶって食べる「薄切りの塩タン」と違って、焼肉「たきもと」の塩タンはじっくりと焼いて食べる「厚切りの塩タン」。厚みがある塩タンなので、噛みごたえがあって、肉のうま味をダイレクトに味わえます。油断すると、塩タンだけでおなかがいっぱいになってしまうボリュームです!

味もボリュームも申し分のない「たきもと」の「塩タン」。一人前のボリュームがすごいので、シェアして食べましょう。

コリコリの食感が気持ちいい「たきもと」の「塩タン」は、税別1500円。一人前のボリュームがすごいので、たくさんのメニューを食べたいみなさんは、シェアして食べることをおすすめします。ちなみに「塩タン」は数に限りのある限定メニュー。気になったら、売り切れる前に、迷わず注文しましょう。

しっかりとおかずになる「たきもと」の「塩タン」。ライスと一緒に食べてもおいしいです。

塩タンはレモンをしぼった食べ方が一般的ですが、肉のうま味をしっかりと味わえる「たきもと」の「塩タン」はライスと一緒に食べても十分な存在感を感じることができます。ライスによく合う塩タンはめずらしいので、焼肉「たきもと」の「塩タン」はめちゃめちゃ印象に残っています。

肉の厚みにこだわり、一番おいしい食べ方を提案してくれる焼肉「たきもと」。精肉店がプロデュースする絶品の塩タンは、大阪を代表する焼肉の名店にふさわしい驚きが詰まった「最高の塩タン」でした!次回の主役は「ホルモン」。塩タンと同じく、味もボリュームも申し分のない絶品のホルモンでした。

オーマイ大阪 次の記事へ進む

ランチはライスが無料!阿倍野センタービルで味わう大人気の明石焼き「たこ八」大阪メトロ天王寺駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

人気ナンバーワンのトンカツをトッピング!絶対に小サイズじゃない小盛りカレー「マドラス」大阪メトロ恵美須町駅