塩タンとホルモンをじっくり味わう焼肉ディナー「万両(まんりょう)天神橋店」大阪メトロ南森町駅

塩タンとホルモンの焼肉ディナー!石網(いしあみ)で焼き上げる至福の焼肉「万両(まんりょう)天神橋店」

オリジナルの石網(いしあみ)が、おいしい焼肉の秘密です!大阪メトロの南森町駅から歩いて5分のところにある「万両(まんりょう)」でディナーを食べました。石網のおかげでジューシーな焼肉を味わえます!

曜日を問わず、たくさんの大阪っ子が行き来する天神橋筋商店街。今回のディナーでおじゃました「万両 天神橋店(てんじんばしてん)」は飲食店が立ち並ぶ「日本一長い商店街」でトップクラスの人気を誇る焼肉店です。

人気の焼肉店「万両 天神橋店」の外観です。

グルメ激戦区の天神橋筋商店街にある「万両 天神橋店」でディナーを食べる機会は、今回がはじめて。ちなみに、近くにある大人気の「万両 南森町店」でディナーを食べた機会は3回あります。1回目のディナーが「塩タンとレバー」、2回目が「2種類の絶品カルビ」、3回目が「ハラミとロース」を注文。何を食べてもおいしい最高の焼肉でした!

コスパに優れた「万両 天神橋店」のメニューです。

そんなわけで「天神橋店と南森町店は何か違うのかな?」とワクワクしながらディナーに出かけました。天神橋店も南森町店も大阪メトロ(地下鉄)の南森町駅から歩いて5分なので、大阪に不慣れな観光客のみなさんは、大阪メトロを利用すると、どちらの「万両」にも近いのでおすすめです。

焼肉ディナーのスタートはやっぱり「塩タン」。焼肉「万両 天神橋店」の塩タンはレモンをしぼらないタイプの塩タンです。

記念すべき「万両 天神橋店」の初ディナーで注文したメニューは「塩タン焼き」と「マルチョウ(丸腸)」です。塩タンとホルモンに限れば、天神橋店と南森町店に大きな違いはないような気がします。塩タンもホルモンもリーズナブルな価格でうれしいです。

塩タンは「万両 天神橋店」と「万両 南森町店」に大きな違いを感じませんでした。

まず運ばれてきたメニューは「塩タン焼き」。価格は税込950円です。続いて運ばれてきたメニューは「マルチョウ」。価格は486円です。炭水化物が大好きな大阪っ子は、迷わず大盛りのライスも注文してしまいました。大盛りのライスは324円です。

ホルモンはマルチョウ(丸腸)を注文しました。

大人気の「万両 天神橋店」は石網で焼肉を食べるスタイル。系列店の「万両 南森町店」は七輪の炭火焼きを採用しているので「肉を焼くスタイル」が、天神橋店と南森町店の大きな違いと言えるかもしれません。石網で焼肉を食べる機会がほとんどないので、焼き上がりがめっちゃ楽しみです!

新鮮な塩タンを「万両 天神橋店」が誇る石網でサッと焼き上げます。

焼き上がった塩タンとマルチョウを食べた率直な感想は「さすが万両、抜群の安定感!塩タンを食べたときはあまり感じなかったけど、マルチョウを食べると、ふっくらと仕上がっていることがわかるなあ。石網で焼いた焼肉も最高!ドームになった形が石網のポイントなのかな?」です。

焼肉の名店「万両 天神橋店」で、塩タンとライスのゴールデンコンビをいただきました。

ドーム型の石網で焼くと、余分な脂が下へ流れて、焦げにくいのでしょうか?肉がふっくらとジューシーに仕上がっている印象です。脂身の多いカルビやロースを食べると、石網で焼肉を食べる効果がもっとわかるかもしれません。焦げにくいと、火が中までしっかりと通るので、外は香ばしく、中はふっくらの焼肉が実現しそうです。次回はカルビを食べようっと!

他店にない石網で焼肉を食べる楽しみを教えてくれた「万両 天神橋店」。南森町店と同じく、ウーロン茶、コーン茶、日本茶、梅こぶ茶が無料なので、アルコールを飲まないみなさんはおいしい焼肉を石網でガシガシ焼いて食べましょう!おしまいに「万両 天神橋店」の営業時間は、平日が17時から25時まで、土日祝が17時から24時まで。定休日は水曜日です。

オーマイ大阪 次の記事へ進む

バスマティライスをランチでお得に!週末限定のビリヤニセット「フルバリ」大阪メトロなんば駅

オーマイ大阪 前の記事を読む

人気のラーメンと選べるライスセットが超お得「本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房」JR美章園駅